ドイツ・オランダ2017 ヨーロッパ

そうだ、オランダに行こう

更新日:

GWはオランダにチューリップ見に行こう…

2月上旬、急に思い立って航空券の値段を調べたら直行便のKLM航空で往復17万……

17万って言うと私がコック時代月360時間働いて稼いだ手取り額と同じ金額である

360時間働いたのと同じ金額!!!!!!

無理だ…いくらなんでも無理過ぎる…これが海外旅行の壁……

いや、まずそこがおかしいんだけれども。とりあえず検索サイトで安いの無いかな~

と色々見て何とかなる金額だったのがキャセイパシフィック航空

もはや所要時間と金額でなんとかなるのがここしかなかったのでしぶしぶここに決定

中国の会社なのでご飯が尋常でなく心配だがry

で、実際の機内食がコチラ。

ホットミールがすごく熱々。パンもあったかい!

この時は牛丼とチキンどっちがいい?って聞かれたのでチキンを選択。

チキンにんにく臭いしマッシュポテトしょっぱいけど普通においしい!食べられる!

こいつ……機内食のくせにおいしい!!!

去年JALでハワイ行った時機内食がクソまずくて食べられなかったので(往路は食事スキップ。復路の話)、機内食とはそういうものなのだと思っていたけれどそうでもないらしい。

航空会社が変わると食事はこうも違うのか……

でも蕎麦はクソまずい。のびてふにゃふにゃのやわらか蕎麦を想像していただければそれであってると思う。

他の航空会社でも日本発とか日本着の便ってよく蕎麦出ることが多いけど何故なんだろう?

とりあえず日本行くやつには蕎麦食わしときゃいいだろみたいなマニュアルでもあるのかな

ごはんに感動しつつあっという間に香港に到着。

乗り継ぎが初めてでどうしたらいいのか全くわからなかったものの、とりあえずひたすらtransferの文字を追いかけて行けばいいってネットに書いてあったのでその情報を信じて突き進んだらそれでよかったようです。

途中出国の時と同じ手荷物検査を潜り抜けて乗り継ぎのターミナルを目指します。

朝7時くらい、途中にあるお店は殆どしまっている……プライオリティパスで入れるラウンジによろうとしたら長蛇の列だったので断念。

暇だったのでうろうろしてたら巨大なひよこ氏に遭遇。何かの缶詰でできているようです。

実は若干遅れて香港についているので気がついたら香港を出る時間でした。

短い時間だったけど香港バイバイ。着陸後すぐにドリンクが配られ、またご飯の時間。

ドリンクは基本何があるのかわからない上に聞くのがめんどくさいので日本を出てから帰ってくるまでひたすらアポージュースプリーズと言っていたw

さてさて次のメニューは…チキンと……なんだったかな、忘れてしまった。

さっきのチキンが美味しかったのでまたチキンを選択。

これは見覚えのある……?野菜もチキンも細切れになってるけど同じような感じ。

味は……口に入れた瞬間一瞬疑問符がついたけど似たような感じ

パンは全く同じだ!おいしい!ほかほか!

食べ終わるくらいの時間にアイスを配られた。やったー!

ハーゲンダッツのバニラ!

原産国はフランスになっている。日本のより若干さっぱりしててバニラのにおいが強かった気がする。

一口食べた瞬間うおっバニラ!って感じのにおいが鼻に抜ける

なるほどおフランス(?)

とりあえず食事がすんだ後はとにかく暇だったので、随分前に撮りためてあったFateのUBWを鑑賞

えっ何?アーチャーってこんなキャラだったっけ?かっこいい!!!

遥か昔にやってたFateのアニメ全部観たはずなのにな。すっかり忘れていた。

アーチャーが武器構えると無駄にかっこいい!!!!凛ちゃんかわいい!

そうか……ユーフォ―テーブルがFateつくるとこうなるのだな……

アニメ見つつうとうとしてたら6時間があっという間に経過。朝ごはんの時間です。

朝ごはんは何とかフライドヌードルとイングリッシュブレックファーストとの事。

折角なので香港っぽい方頼んでみよう。

これは……やきそば……?に焼売っぽいのがのってます。

不味くはないけど若干豚臭いかも。焼きそばも若干干からびた感じ。お隣さんのふかふかオムレツの方が美味しそうだ。失敗した。

キャセイは基本西洋料理っぽい方頼んだ方がいいみたい。

でもなんやかんやで特に大きな不満もなく(むしろ満足度高かった)香港を出発してから12時間が経過。

エコノミー乗る時は絶対に通路側に席とった方がいいね!食事の時にトイレ行きたくなったら一番通路から遠い席は悲惨。

キャセイは有料で事前の座席指定か、搭乗48時間前からオンラインチェックインで座席の指定が出来るから、忘れずにやった方が良さそう。

通路側とるだけならわざわざお金払って座席指定しなくてもオンラインチェックイン早めにやれば大丈夫そうでした。ご参考までに!

-ドイツ・オランダ2017, ヨーロッパ

Copyright© INARI* , 2020 All Rights Reserved.